QLOOKアクセス解析

猫の愛情表現の方法

猫の愛情表現の方法

猫という生き物はどちらかというと愛情表現が静かです。
犬のように愛情を全面に表現した方法ではなく、さりげなく、静かに飼い主に愛情を伝えています。

 

もしかしたら見逃しているかもしれない猫の愛情表現をご紹介しましょう。

まばたきをする

猫は警戒している時、その警戒している対象を瞬きもせずに凝視しています。
逆にゆっくりとまばたきをしている時は、満足と愛情を示しています。
また、「敵対する意思はないよ」という意味でもあります。

頭を擦り付ける

よく足や腕などに頭を擦り付けてくることはありませんか?
これは猫のマーキングです。

 

「この人は私の!」と主張しています。これも一種愛情表現です。
また、頭から脇腹あたりまでをすりーっと擦り付けてくる時は、
その人のことを親のように信頼しているという意味でもあります。

ついてくる

部屋を移動した時などに猫があなたの後ろをついてくるようなことがあるなら、
その人に対して興味を持っていて、一緒にいたいと思っている証拠です。

贈り物を持ってくる

ねずみや小鳥などを捕まえて、飼い主にもとに「贈り物」として持ってくる時というのは、
嫌がらせなどではなく、大事なものを届けている=愛情表現なのです。
多少びっくりしても、「すごいね」と褒めてあげると猫はとても喜びます。

お腹を見せる

犬と同様、弱い部分を見せるということは、信頼している、愛されている証拠です。
そういうときになでてあげるととても喜びますよ。

 

猫の愛情表現は静かだけど、確かにあなたに伝えられています。
その表現を汲み取って、うまく猫に寄り添ってあげることが、猫たちにも飼い主たちにも理想なのでしょう。

 

バナー原稿imp
猫の抜け毛対策に!ペット用ブラシ「FooLee」

 

フーリー

⇒フーリーの公式サイトはこちら