QLOOKアクセス解析

オーバーコートとアンダーコート

オーバーコートとアンダーコート

猫の後ろ姿

近年様々な種類の猫がペットとして扱われ、人気も様々ですね。子猫などは本当に何をしていても可愛いので、ついつい欲しくなってしまう人も多いのでは無いでしょうか。

 

猫はペットの中でも、沢山の毛が抜ける事は皆さん知っていると思いますが、猫の毛は一種類ではありません。

 

オーバーコートとアンダーコートという毛が生えていて、
それぞれで特徴や役割が違っています。

 

オーバーコートというのは、部屋のあちこちや洋服などに突き刺さり、真っ直ぐでしっかりとしているので、中々取るのが難しく、コロコロをしても簡単には取れません。

 

このオーバーコートは、体の一番表面を覆っていて、水を弾きますし、紫外線から体を守る働きもしています。

 

一方アンダーコートというのは、体に近い内側に生えている毛のことで、細くて柔らかい毛です。
洋服などについても、すぐにコロコロでとることが出来ます。
アンダーコートは保温の役目をしていて、季節に合わせて抜け変わり、猫の体温調節をしています。

 

アンダーコートは二種類生えていて、柔らかい毛と、少し丈夫な毛があります。
オーバーコートとアンダーコートが3層に生えていて、それぞれに役目を果たしているのですね。

 

抜けるのは大変ですが、猫の毛の役割や違いがわかれば、
どんな理由で抜けているのかなども判断する事が出来ますし、
お手入れをしてあげる時にも役に立ちますよね。

 

猫の毛が抜けている部分によって、
体調や皮膚にトラブルがある場合もありますし、換毛期で生え変わっている事もあるのです。

 

 

<< 前の記事猫の抜け毛の基礎知識次の記事 >>

 

バナー原稿imp
猫の抜け毛対策に!ペット用ブラシ「FooLee」

 

フーリー

⇒フーリーの公式サイトはこちら